竜とそばかすの姫とサマーウォーズのつながりは?両者が似てると話題!

空と牧草地 映画

金曜ロードショーで2022年7月8日に放送予定の『竜とそばかすの姫』が『サマーウォーズ』に似てると話題になっています。

どちらも細田守監督作品なので、テーマや作品の雰囲気が似ることはあると思いますが、この2つの作品には、つながりはあるのでしょうか?

今回は、『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』のつながりや似てる点を検証して、その真相を明らかにしたいと思います。

金曜ロードショーを楽しむためにも、ぜひ最後までご覧ください!

竜とそばかすの姫とサマーウォーズのつながりは?両者が似てると話題!

仮面の人

最近、『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』が似てると話題になっています。

両作品について検証し、つながりや似てる点を確認したいと思います。

竜とそばかすの姫とサマーウォーズのつながりは?

そもそも、どちらの作品も細田守監督作品で「家族(人)とのつながり」や、「仮想世界と現実」について描いており、テーマが似てると感じられる部分が多々あります。

こちらの方が言われるとおり、『竜とそばかすの姫』では、たった1人の少女が数少ない味方の力を借りて、孤独な竜を助けるために奔走しますが、『サマーウォーズ』では家族が団結し、そのつながりの強さで大きな災厄を振り払おうとします。

私も個人的には、それぞれの作品のキーワードは同じでも、伝えたいことは逆の方向を向いているように感じました。

ですが、仮想空間を舞台としているところや、アバターを通じてその向こう側の人間同士のつながりを描くことや、さらに舞台が地方であることなど重複する点はすぐにたくさん見つかります。

似てるところは多いですが、作品の世界線は別であり、細田守監督の作品テーマである「仮想現実」と「つながり」に似通って見えるだけなので、世界線のつながりはないと思っていいのではないでしょうか?

しかし、つながりはなくともやはり似てるところは散見されます。

次は、似てるところを見ていきましょう!

竜とそばかすの姫とサマーウォーズが似てると話題!

『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』の似てるところについて、ネットの意見を参考にしながらチェックしていきます。

どちらも地方都市が舞台

『竜とそばかすの姫』は高知で『サマーウォーズ』は長野が舞台なので、どちらも舞台は東京や大阪のような主要都市ではなく地方でした。

田舎の風景とサイバースペースをどちらも美しく描いていましたね!

対比としても面白いと思いました。

長野県の上田が細田守監督の奥様の故郷とは知りませんでしたが、もしかしたら高知にも何か関係があるのかもしれませんね。

高知出身の方は、あの映像を観て、改めて故郷の美しさを再認識したのではないでしょうか?

仮想空間に関して言えば、どちらも世界中が地続きというイメージです。

しかし、現実世界を見ると『竜とそばかすの姫』では、最後に主人公である内藤鈴が高知から東京に向かうのに対し、『サマーウォーズ』の始まりは、主人公である小磯健二が東京から長野に移動していますね。

仮想世界UとOZ

ほとんどの人がここに注目するのではないかと思いますが、仮想世界「U」と「OZ」が似てるという点です。

ログインした時のセリフが同じなんですよね!

この辺もデジャヴを起こしやすいところかと思います。

基本的にはもう1人の自分を作成して、仮想現実の中で自由に活動するという感じですからね。

似てるだけで、やっぱり別物というご意見です。

「U」がInstagramというのは、すごくしっくりきますね!

皆さん似てると感じつつも、サービス面からみると別物と思う方も多いようですね!

くじらのアバター

「U」に登場するたくさんのスピーカーを付けたクジラのアバターと「OZ」の守り主である王冠をつけたクジラのアバター。

映像のタッチは違いますが、同じような役割を担っているところも似てると話題になっています。

今回話題に挙がった作品のほかに『バケモノの子』にもクジラが出てきてましたね!

さらに、『未来のミライ』でも、クジラが登場します。

細田守監督の中に、クジラは守り神的なイメージがあるのでしょうか?

こちらのツイッターの書き込みの流れだと、『竜とそばかすの姫』のクジラにも何か意味がありそうです。

「U」のクジラの役割については明言されていないようですが、内藤鈴の危機を救ったところを見ると「OZ」同様、守り主と見てよいのではないかと思います。

アバターとAs

似ているというより、「OZ」のアバターが出演しているようですね。

ものすごい数の「As」の中から見つけるのは、多分、至難の業です。

「OZ」の時は、ちょっと動物っぽいキャラクターが多かったのですが、「U」ではヒト型に寄せているデザインが多かったように思います。

「U」ではボディシェアリング機能を使って、自分の情報から「As」を作り出しているので、確かに「OZ」のアバターとは制作方法が違います。

「OZ」は自分から見た自分のイメージで作成し、「U」では他者から見た自分のイメージで作成されるという印象を受けました。

竜(恵)とキングカズマ(池沢佳主馬)

私も一瞬そう思いました。

違うのですが、見間違うのも理解できるほど、キャラクターのデザインが似てるんですよね。

恵があまりにもカズマに似ていたことで、放映されるまでは『サマーウォーズ』と話がつながっているのでは?と思う一因にまでなっていました。

ネットでも話題になっているように、竜の正体である恵は、キングカズマの正体である池沢佳主馬とキャラクター設定はとてもよく似ています。

肌が浅黒く、片目が隠れており、年齢も一つ違いで理由は違えど、世の中に対して心を閉ざしている。

さらに年齢も恵の方が年上ですが、一つしか違わず、そう変わりません。

仮想空間でも竜は道場やぶりを繰り返し、キングカズマは「クライシス・オブ・OZ」のタイトル保持者です。

こうしてみると、こんなに似てる別のキャラクターが登場していいのかと思ってしまいます。

また、個人的にはBelleこと内藤鈴の歌に感動し、「U」でたくさんの「As」がその胸に金色の光を灯して応援したシーンと、世界中の人がこいこい勝負をする篠原夏希にアカウントを預けたシーンは、人々の心が一つになったという点で重なる部分がありました。

映画のテーマになっている「つながり」について考えさせられるシーンでもあったと思います。

では、次で『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』のつながりと、似てるところをまとめていきましょう。

竜とそばかすの姫とサマーウォーズのつながりは?両者が似てると話題!のまとめ

たくさんの手

『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』は、一見、設定や舞台が似てるためにつながりがあるように見えますが、まったくの別の世界線だと思います

家族や人とのつながり、仮想現実の匿名性の恐ろしさなどのテーマが重複しているので、似てると感じるかもしれませんね。

ですが、まったく違う作品として十分楽しめますし、またネットでは似てるところを楽しむ人たちもいました。

どういう視点で観るかは人それぞれですので、どちらも観てみると、より一層楽しめることは確かだと思います!

以下に『竜とそばかすの姫』と『サマーウォーズ』のリンクを貼っておきますので、ぜひ、この機会にご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました