深田恭子の結婚に事務所が反対?結婚したいけどできない理由をご紹介

深田恭子の結婚に事務所が反対 芸能

2022年早々、深田恭子さんとシーラホールディングス会長の杉本宏之さんの結婚報道で盛り上がっていますね。

「深田恭子さん結婚へ」という報道が熱を帯びていますが、一方で、深田恭子さんの事務所は結婚に反対を示していて、両者が結婚したいと思っているのにできないという見方もあるようです。

なぜ、深田恭子さんの結婚に事務所が反対を示しているのか、なぜ、両者が結婚したいと思っているのに結婚できないのかについて、私見も交えて探っていきたいと思います。

深田恭子の結婚報道の全容と世の中の反応

新聞

なぜ、深田恭子さんの結婚に事務所が反対を示しているのか、なぜ、両者が結婚したいと思っているのに結婚できないのかを確認する前に、今回の結婚報道の全容と世の中の反応を簡単に振り返ってみたいと思います。

深田恭子さんと杉本宏之さんの2022年内の結婚が報じられたのは2022年元旦。

発端となった日刊スポーツでは、「深田恭子さんと杉田宏之さんは、2022年中にも婚姻届を提出する方向で調整中」と複数の関係者の話を交えて紹介しています。

ただ、これに関し、当事者2人や深田恭子さんの事務所からのコメントは一切公表されていません。

また、2022年中の結婚というのが、2022年のいつなのか明らかにされておらず、「結婚時期が曖昧」といった世の中の声も散見されます。

そうです。

正式発表はなかったんです。

この方がおっしゃっているように、芸能人の結婚報道は、毎年の恒例行事と言っていいでしょう。

今回の深田恭子さんと杉本宏之さんの結婚報道は、話半分と評価しても良さそうですね。

深田恭子の結婚に事務所が反対?結婚したいけどできない理由をご紹介

結婚式

深田恭子さんと杉本宏之さんの結婚報道の1週間前、アサ芸プラス(2021年12月25日の記事)では、深田恭子さんの事務所は、結婚に断固反対の立場を取っていると報じています。

というもの、交際相手の杉本宏之さんは、バツ2で子持ち。

深田恭子さんの名前を利用した「売名行為」だとレッテルを貼っているようです。

そして、その1週間後の2022年元旦には、日刊スポーツからの深田恭子さんと杉本宏之さんの結婚報道。

もう訳が分からないですね。

したがって、ここからは私見を交えて考察していきたいと思います。

深田恭子さんは、2021年5月26日に適応障害を公表し、3ヶ月間の休養をしていました。

適用障害での休養にあたっては、主演ドラマを緊急降板するなど、大々的なニュースになりましたね。

仕事復帰したとはいっても、やつれている感が出ているのは否めないです。

辛いからこそ、彼氏のサポートが必要。

そういう見方もできます。

しかし、交際中に深田恭子さんが適応障害になったのに、結婚することで変わるのでしょうか?

また、深田恭子さんは、主演ドラマの緊急降板などで仕事の穴を開けています。

何事でも1日休むと遅れを取り戻すのに3日かかると言われていますし、深田恭子さんではないとダメな仕事ってたくさんあると思います。

これをけじめとして、事務所から求められていると思うのです。

それがきちんとできてから、結婚という流れになるのかなと私は思っています。

深田恭子の結婚に事務所が反対?結婚したいけどできない理由をご紹介のまとめ

手をつなぐ男性と女性

いかがでしたか?

深田恭子さんと杉本宏之さんの結婚報道をふまえ、深田恭子さんの結婚に事務所が反対を示していて、両者が結婚したいけどできない理由について言及してきました。

正直、どうなるかは誰にも分かりません。

結婚報道の続報が出たら、追記しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました