細田佳央太は日大?大学の学部や出身高校や中学まで学歴をご紹介!

細田佳央太は日大?大学の学部や出身高校や中学まで学歴をご紹介! 芸能

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演が決定、夏ドラマ「家庭教師のトラコ」にも出演と絶好調の細田佳央太さん。

今まで学生役を演じることが多かったようですが、大河ドラマでは主人公家康の息子という重要な役どころ。

どんな風に演じてくれるのか今から非常に楽しみです。

そんな細田佳央太さん、現在は現役の大学生でもあります。

日大に通っているのでは?と言われているようですが、実際のところはどうなんでしょうか。

細田佳央太さんの大学が日大なのか、学部や出身高校中学に至るまで詳しく探ってみました!

では、早速見ていきましょう!

細田佳央太は日大?学部や大学の情報は?

細田佳央太さんは日大?学部や大学の情報は?ということで順に見ていきましょう!

現在(2022年7月時点)、20歳の細田佳央太さんは現役の大学生です。

細田佳央太さんのInstagramで、本人が2020年4月大学へ進学したと投稿していることから大学に通っているのは間違いありません。

どこの大学かは明言していないものの、のちにご紹介する出身高校の情報からも日大こと「日本大学」が濃厚のようです。

日大は日本最大規模を有する私立総合大学です。

日大出身者は芸能界にも非常に多く、俳優で言うと佐藤隆太さん・小泉孝太郎さん・船越英一郎さんなど有名な方がたくさんいます。

ちなみに細田佳央太さんが大学に入学した頃は全国の大学でリモート授業が行われていた時期でもあり、目撃情報がなく日大であるという確証は得られていません。

細田佳央太の大学が日大以外の可能性は?

日大が濃厚ということですが、細田佳央太さんの大学が日大以外の可能性はあるのでしょうか?

日大だと明言されていないことから、日大以外の可能性もないわけではありません。

ただし、俳優業も順調なことから地方の大学に通っているとは考えにくく、東京の大学であることはほぼ間違いと思います。

細田佳央太さんが東京都出身であることも、東京の大学に通っている可能性を高めているのではないでしょうか。

細田佳央太の大学の学部は?

では、細田佳央太さんの大学の学部は何学部なのでしょうか?

得意科目が社会で苦手科目が数学との情報があるので、まず間違いなく文系の学部であると考えられます。

「学びたいことがある」とInstagramで言及しているものの、その詳しい内容については明らかにされていません。

そこで、細田佳央太さんの大学が日大であると仮定して学部を考えてみました。

俳優の細田佳央太さんが学びたいとなるとやはり演技に関することでは?と考えられることから、芸術学部なのではないでしょうか。

日大の芸術学部には演劇学科や映画学科といった学科があり、細田佳央太さんはこのどちらかで学んでいるのではないかと考えれます。

まだ卒業までは2年近くあるので、細田佳央太さん本人の口から何を学んでいるのか聞ける機会もあるかもしれないですね。

細田佳央太の出身高校は?

大学の情報をご紹介する際に少し触れましたが、細田佳央太さんの出身高校についても詳しくご紹介します。

細田佳央太さんの出身高校は「目黒大学高等学校」です。

本人が公表したわけではありませんが、目撃情報などから間違いないようです。

目黒高校は日本大学への内部推薦制度があり、このことから細田佳央太さんの大学が日大では?と言われているんですね。

高校では既に俳優業を始めていたこともあり、部活動に所属はせず帰宅部だったとのこと。

同級生には同じ事務所(アミューズ所属)の福崎那由他さんがいます。

細田佳央太の出身中学は?

細田佳央太さんの出身中学についてもご紹介したかったのですが、中学に関しては特定されていません。

小学生の頃に芸能界入りを果たした細田佳央太さん。

実は本格的に俳優としての活動を始めたのは高校に進学してからです。

中学生の頃は基本的に学業優先にしていたようで、都内の公立中学に通っていたのではないでしょうか。

バスケットボール部に所属し、普通の中学生同様の学生生活を送っていたようです。

細田佳央太は日大?大学の学部や出身高校や中学まで学歴をご紹介!のまとめ

ネクストブレイク必須の俳優・細田佳央太さんについて、大学を始めとした学歴に関する情報をお伝えしました。

  • 通っている大学は日大が濃厚
  • 学部は芸術科で演技について学んでいるのではないか
  • 出身高校は目黒大学高等学校
  • 出身中学は不明

今回調べてみたところ、以上のことが判明しています。

大河ドラマで主人公家康の息子をどんな風に演じるのか、放送開始が待ち遠しいですね。

楽しみに待ちたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました