三浦佳生の世界選手権2022のショート曲は?選曲は恩師の影響?

三浦佳生の世界選手権2022のショート曲は何 スポーツ

三浦佳生選手は、北京オリンピックこそ出場しなかったものの、技術力の高さでは羽生結弦選手以上との呼び声が高い選手です。

羽生結弦選手が世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)の欠場を表明したことにより、急遽、三浦佳生選手の名前が上がりましたが、肉離れにより世界選手権2022を欠場することになりました。

この記事では、そんな三浦佳生選手に焦点を当て、彼の世界選手権2022のショート曲は何だったのかをご紹介します。

また、彼のショート曲は、恩師の影響で選曲したと噂になっていましたので、その真相についても明らかにしたいと思います。

三浦佳生の世界選手権2022のショート曲は?選曲は恩師の影響?

冬の朝の景色

三浦佳生選手は、世界選手権2022のショート曲に何を選曲したのでしょうか?

また、選曲は恩師の影響と噂になっていますが、それは本当なのでしょうか?

三浦佳生の世界選手権2022のショート曲は何?

三浦佳生選手は、世界選手権2022のショート曲にヴィヴァルディ作曲の「四季ー冬」を選曲していました。

この「四季ー冬」は、日本人にも大変なじみのある曲で、小・中学校の音楽の授業で習った人も多いのではないでしょうか?

三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲は、彼が出場した四大陸フィギュアスケート選手権2022(四大陸選手権2022)と同じ曲なんですね!

なお、三浦佳生選手は、四大陸選手権2022で銅メダルを獲得し、世界に存在感を示しました。

また、三浦佳生選手は、現在16歳で、今後の日本フィギュアスケート界を背負って立つ選手と期待されています。

ちなみに、彼が選曲した「四季ー冬」は、河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲と同じなんです!

ただ、河辺愛菜選手の場合は、マックス・リヒター氏の編曲という違いがあります。

世界選手権2022のショート曲の選曲は恩師の影響?

三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲「四季ー冬」は、恩師の影響という噂が飛び交っていますが、その真相を確かめていきましょう。

結論をいうと、ショート曲の選曲には、恩師の影響はないと本人が否定しています。

ちなみに、彼の恩師とは、宇野昌磨選手のコーチを務めている、ステファン・ランビエール氏のことです。

三浦佳生選手は、ノービス時代にステファン・ランビエール氏から、振り付けを伝授してもらっています。

ノービス時代のノービスとは、ジュニア(中学生・高校生、シングル6級以上)より下のクラスで、ノービスは、AとBのクラスがあります。
ノービスA:小学校5~6年生(11~12歳)・シングル4級以上
ノービスB:小学校3~4年生(9~10歳)・シングル3級以上

ステファン・ランビエール氏は、三浦佳生選手のことを今でも気にかけているようです。

ややこしいのですが、三浦佳生選手は、選曲にはステファン・ランビエール氏の影響はないというものの、ショート&フリー曲がステファン・ランビエール氏になじみのある曲に決定したことで、かつてのステファン・ランビエール氏の衣装にインスパイアされた衣装で、様々な大会に臨んでいます。

恩師と瓜二つの衣装で登場したため、曲についても恩師の影響?という記者の質問があったと想像します。

繰り返しますが、ショート曲の選曲には、恩師の影響はなかったと三浦佳生選手は答えているので、曲が決まってから、衣装を恩師に寄せてきたと考えるのが自然ですね。

このような経緯もあり、三浦佳生選手は世界選手権2022のフリー曲の方で、氷上の芸術家の再来と評判になっていましたが、怪我の影響で見れずじまいとなってしまいました。

なお、三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲「四季ー冬」は、以下から購入することが可能です。

「四季ー冬」を聴きながら、三浦佳生選手の復活に期待しましょう!

また、他の選手のショート曲と聴き比べてみるのも、楽しみ方の一つだと思います。

三浦佳生の世界選手権2022のショート曲は?選曲は恩師の影響?のまとめ

フィギュアスケート選手とコーチ

三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲をご紹介しました。

三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲は、ヴィヴァルディ作曲の「四季ー冬」でしたね。

選曲に恩師の影響はないものの「四季ー冬」に決まっていたことは、ステファン・ランビエール氏とのつがなりが自然とそうさせたのかもしれません。

世界選手権2022で三浦佳生選手の演技を見ることは叶いませんでしたが、曲を聴いて復活を待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました