三浦佳生の世界選手権2022のフリー曲は?氷上の芸術家の再来!

三浦佳生の世界選手権2022のフリー曲は何 スポーツ

この記事では、幻となった三浦佳生選手の世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)のフリー曲をご紹介します。

三浦佳生選手は、技術力の高さでは羽生結弦選手以上といわれており、今のフィギュアスケート界で最も注目されている選手の一人です。

そんな三浦佳生選手に焦点を当て、彼の世界選手権2022のフリー曲を見ていきます。

また、彼のフリー曲に関しては、ファンや視聴者の間で、氷上の芸術家の再来という声が出ていますので、その点についてもお伝えしていきたいと思います。

三浦佳生の世界選手権2022のフリー曲は?氷上の芸術家の再来!

フラメンコダンサーとフラメンコギタリスト

三浦佳生選手は、世界選手権2022のフリー曲に何を選曲したのでしょうか?

また、ファンや視聴者の間で、氷上の芸術家の再来といわれている理由は、どこにあるのでしょうか?

三浦佳生の世界選手権2022のフリー曲は何?

三浦佳生選手の世界選手権2022のフリー曲は、ビセンテ・アミーゴさん作曲の「ポエタ」です。

ビセンテ・アミーゴさんは、スペイン出身のフラメンコ・ギタリストかつ作曲家で、この「ポエタ」は1997年に発表されました。

それ以降、「ポエタ」はフィギュアスケートの使用曲として定着し、日本では、北村明子選手、金彩華選手、太田由希奈選手などが今までに採用しています。

三浦佳生選手は、全日本フィギュアスケート選手権(全日本フィギュア)のフリープログラムでも「ポエタ」で演技を披露していたんですね!

全日本フィギュアでは、鍵山優真選手に次ぐ4位で、北京オリンピックの出場とはなりませんでしたが、十分存在感を見せつけました。

技術力の高さでは、羽生結弦選手を凌ぐといわれる三浦佳生選手。

世界選手権2022では、当然表彰台入りを目指していましたが、肉離れにより無念の出場辞退となってしまいました。

世界選手権2022のフリー曲に氷上の芸術家の再来と評判!

三浦佳生選手の世界選手権2022のフリー曲に関しては、ファンや視聴者の間で氷上の芸術家の再来と評判になっています。

というのも、フリー曲「ポエタ」は、恩師のステファン・ランビエール氏が現役時代に使用していた曲であり、そのステファン・ランビエール氏は、氷上の芸術家と評されていたからです。

三浦佳生選手は、ステファン・ランビエール氏の影響もあり、かねてから「ポエタ」を選んでみたいと思っていたそうです。


憧れが実現してよかったですね!

しかし、世界選手権2022で披露できていたらもっと良かったです!

ちなみに、三浦佳生選手の世界選手権2022のショート曲は、偶然が重なり、運命ともいうべき選曲になりました。

氷上の芸術家に話を戻しましょう。

なぜ、氷上の芸術家の再来といわれているのでしょうか?

まずは、現役時代のステファン・ランビエール氏の画像をご覧ください。

次に、三浦佳生選手の画像です。

どうでしょうか?

曲は同じ「ポエタ」で、衣装もステファン・ランビエール氏の衣装に寄せてきています。

三浦佳生選手も、憧れの恩師ステファン・ランビエール氏を思い出すと評価されて、うれしいのではないでしょうか?

このようなツイートを見ると、氷上の芸術家の再来といわれているゆえんが分かるような気がします。

曲に負けていないどころか、三浦佳生選手のためにある曲だと思いませんか?

私も三浦佳生選手のフリー曲「ポエタ」は、演技力と相まって本当にすばらしいと思います。

曲を昇華できるという表現は、的を得ていると思います。

芸術性だけでなく、スター性、向上心、力強さと最高の褒め言葉ですね!

三浦佳生選手が世界選手権2022に出場していたら、美しいジャンプを見せてくれていたことでしょう。

なお、ご紹介してきた「ポエタ」は、以下から購入することができます。

「ポエタ」を聴いて、三浦佳生選手の復活を待ちましょう!
また、他の選手のフリー曲を聴くと、三浦佳生選手の個性が明らかになります。

三浦佳生の世界選手権2022のフリー曲は?氷上の芸術家の再来!のまとめ

フラメンコギタリスト達

三浦佳生選手の世界選手権2022のフリー曲をご紹介してきました。

三浦佳生選手の世界選手権2022のフリー曲は、ビセンテ・アミーゴさん作曲の「ポエタ」でしたね。

氷上の芸術家の再来といわれるにふさわしい情熱的、芸術的な曲だと思います。

三浦佳生選手、ファンはあなたの演技を待ち望んでいますよ!

しっかり怪我を治してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました