Twitterの有料化に反対の声!無料だから使うという人が大多数

Twitterの有料化に反対の声 SNS

4月25日、米テスラ社CEOのイーロン・マスク氏がTwitter買収に合意したとの発表があったことは、みなさんの記憶に新しいと思います。

その際にイーロン・マスク氏が「月額2.99ドル」の課金を提案しているツイートが拡散され「Twitter 有料化」がトレンドに。

しかし、それに反対している人たちが少なからずいるようです。

それは、インフラやゆるいコミュニケーションに利用するなど、無料で誰でも使用できるツールだからこその使い方をしている人々です。

そこで、Twitterが有料化するとどうなるのか、また、どのような反対意見が出ているのかを掘り下げていきたいと思います。

Twitterの有料化に反対の声!無料だから使うという人が大多数

会議中の2人

Twitterの有料化は、多くの人々にすんなりと受け入れられているわけではないようです。

このSNSにおける無料のメリットは、非常に大きな要素なのだと考えられます。

Twitterが有料化になる?

Twitterとは、最大140字のテキストをツイートできる無料のSNSで、世界で広く使われています。

しかし、4月25日にイーロン・マスク氏によるTwitter買収合意の発表を受けて、Twitter有料化の提案のツイートが広く拡散されました。

そして、その影響で「Twitter 有料化」がトレンドに。

すでに一部の国では、サブスクリプションとして月額2.99ドルで追加機能を楽しめる「Twitter Blue」というサービスが開始されています。

その内容とは、「広告非表示」、「60秒以内にツイート取り消し」、「ブックマークのフォルダ分け」といったものです。

おそらく日本で有料化される際には、この「Twitter Blue」がサブスクとして展開されるものだろうと思われます。

情報収集が目的でツイートせずに閲覧のみのユーザーは、有料化で離れていきそうですね。

また、有料化について、5月4日にイーロン・マスク氏は「一般人は無料であるが政府や企業のユーザーは有料化を検討している」というツイートを投稿しました。

その目的は、おそらく広告費であり、それを一部の資金として運営することを考えているのではないかと思われます。

そういった「有料化」は確実に現実化すると考えられるのではないでしょうか?

Twitterの有料化に反対の声!

一般人のユーザーで、Twitterの有料化には反対してる人も少なくないようです。

なかでも災害時の生存確認や、情報交換ツールといったインフラとしての機能を期待して、反対しているという声が多く見られます。

他には、マーケティングツールや孤独感の払拭、悩み事の相談など人と人とのつながりを求めての利用、他人の取り留めのない日常のツイートを閲覧するための利用といった、無料であるからこそ楽しめるという理由で反対するといった意見もあります。

さらに、有料化することで、ツイートする内容に金銭的価値がないようなつぶやきが敬遠されてしまうことの懸念もありました。

災害時に無料の情報収集ツールがあるのとないのでは、心構えが全く違ってきます。

気兼ねのないツイートにこそ共感が得られるものが多い印象です。

インフルエンサーのようなツイートが多く見られるようになるのではないでしょうか?

孤独感を身近な人が埋めてくれるとは限らず、いつログインしても誰かのつぶやきが見られるTwitterは、心の拠り所に最適と思われます。

未成年だけでなく電子決済ツールに抵抗がある人にも、有料化は高い壁になっているのでしょう。

Twitterは無料だから使うという人が大多数

Twitterとは、ツイートすることでゆるい人間関係がどんどん広がっていくサービスです。

それを有料化してしまうと、オンラインサロンのような限られた人間関係に留まってしまい、当初の目的とは異なってしまいます。

無料であるからこそ、さまざまな立場の人と垣根を分けてコミュニケーションを取ることができるツールです。

それがTwitterの最大の魅力だと言えるのではないでしょうか?

また、災害大国の日本では、年齢や貧富、場所を問わず即時に情報を得られるツールが無料で使用できることが、大きなメリットと考える人が多いのではないかと思われます。

命に関わる情報が、無料ですぐに得られることほどありがたいものはありません。

そういった理由が、ユーザーの有料化反対の意見を多く生み出すのでしょう。

仮に Twitterが有料化した場合、90%以上の人々が離れる可能性があるとも読め、サービスそのものの存続が危うくなるとも言えそうです。

経営者という立場になると、Twitterに求めることが変わってくるという裏付けになりますね。

Twitterの有料化に反対の声!無料だから使うという人が大多数のまとめ

1つのスマートフォンを一緒に見る男女

「Twitter 有料化」のトレンド入りで、多く見られた反対の意見。

その多くが、災害時の情報ツールといったインフラ、また、無料であるからこそ生まれるゆるく広い人間関係でのコミュニケーションのためでした。

無料で使えるこのツールは、時代の流れによる人間関係の問題を解決する手段の一つとして、現代では手放せないものになっているのではないでしょうか?

よって、「Twitter 有料化」のトレンド入りは、ユーザーに大きな不安を与え、現在の生活を揺さぶるものとして反対意見が多く散見されたのではないかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました