ローマの休日のアン王女はどこの国の王室がモデル?人物から特定!

ローマの休日のアン王女はどこの国の王室がモデル 映画

5月13日の金曜ロードショーで『ローマの休日』が18年ぶりに放送されますね!

『ローマの休日』といえば、オードリー・ヘプバーンさんが演じるアン王女と新聞記者のジョーを演じるグレゴリー・ペックさんの「真実の口」のシーンなど、名場面が盛りだくさんの映画です。

そんな『ローマの休日』のアン王女は、どこの国の王室がモデルなのかということが、前々から気になっている人が多いようです。

そこで、『ローマの休日』のアン王女のモデルとなった人物から、どこの国の王室がモデルなのかを明らかにしていきたいと思います。

ローマの休日のアン王女はどこの国の王室がモデル?人物から特定!

地球儀

『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンさんが演じるアン王女は、どこの国の王室がモデルなのかをアン王女のモデルとなった人物より特定します。

ローマの休日のアン王女はどこの国の王室がモデル?

『ローマの休日』では、アン王女はどこの国の王室なのか明かされておらず、架空の王室とされています。

そうはいっても、モデルとなった王室があるはずで、Twitterでは、アン王女はどこの国の王室がモデルなのかという考察で賑わっています。

例えば、こちら。

この方のように、アン王女を演じているオードリー・ヘプバーンさんに画面越しで会えば、どこの国の王室がモデルなのか見えてくるかもしれませんね!

『ローマの休日』では、アン王女はどこの国の王室がモデルなのかということが、ぼかし表現により分からなくなっています。

だからこそ、このような考察が盛り上がるのだと思います。

言葉がイギリス英語の用法であれば、この方のいうとおり、アン王女の王室のモデルはイギリス王室の可能性が出てきましたね!

アン王女の王室のモデルをある人物から特定!

多くの方がアン王女はどこの国の王室がモデルなのかという疑問を持っていることが分かりました。

では、アン王女のモデルとなった人物より、どこの国の王室がモデルなのかを特定し、明らかにしていきたいと思います。

結論をいうと、アン王女のモデルとなった人物は、マーガレット王女だということが判明しています。

エリザベス女王の妹であるマーガレット王女はイギリス王室です。

つまり、アン王女はイギリス王室がモデルであることが分かりました。

マーガレット王女は美しくも少々破天荒であり、作中のアン王女の「こっそり夜のローマの街へ繰り出し、ベンチで寝てしまう」なんてところの破天荒さと重なるところがありますね!

ローマの休日のアン王女はどこの国の王室がモデル?人物から特定!のまとめ

真実の口

『ローマの休日』のアン王女はどこの国の王室がモデルなのかを明らかにしました。

アン王女のモデルとなった人物はエリザベス女王の妹のマーガレット王女で、そこからイギリス王室がモデルであることが判明しましたね!

『ローマの休日』のタイトルを聞いたことはあっても、観たことがない方もいるのではないでしょうか?

18年ぶりに金曜ロードショーで放送されるということですので、この機会に映画史に残る名作をぜひご堪能ください!

また、『ローマの休日』の完全版を観たいのあれば、以下がおすすめです!

あわせてチェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました