甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす?高校生の心理をご紹介!

高校生が甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす スポーツ

3月18日から第94回選抜高等学校野球大会(選抜高校野球2022)が甲子園で開催されますね!

なお、高校野球の甲子園といえば、出場高の応援を見るのも楽しみの一つですよね!

そんな中、応援に参加している高校生の中には、本当は「甲子園の応援に行きたくない!」と不満を漏らす生徒が一定数いるという情報をキャッチしました。

そこで、甲子園の応援に行きたくないと感じている高校生がいるとすれば、どこに不満を感じているのか、その心理を探ってみたいと思います。

甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす?高校生の心理をご紹介!

不満そうな女子高生

甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす高校生が実際に存在するのでしょうか?

また、その情報が本当だとしたら、高校生は何を不満に感じているのでしょうか?

甲子園の応援に行きたくないって本当?

結論をいうと、甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす高校生がいることは、紛れもない事実です。

どのスポーツでも興味のない人やアンチはいますからね。

仕方のないことだと思います。

お金をもらっても、ダメですか・・・。

何でなんですかね?

このように、ご紹介した以外にも、甲子園の応援に行きたくないという高校生が一定数存在します。

なぜ、高校生が甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らすのでしょうか?

甲子園の応援に行きたくない高校生の心理は?

甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす高校生は、一体何を不満に感じているのでしょうか?

高校生の心理を探ってみましょう。

甲子園に応援しに行くというより、駆り出されるんですね。

そして、前日の夜に集合がかかって、バスで移動ですか・・・。

結構きついですね・・・。

確かにそういう雰囲気はあると思います。

高校生は、高校という組織に属していますからね。

その高校の暗黙のルールとして、応援が優先されるのでしょう。

私は夏に甲子園に行ったことがありますが、たしかに暑いです!

熱中症を心配する気持ち、よく分かります。

この方の高校は、甲子園の応援は自由参加のようですね。

ただ、東北からバスで応援は辛いですね・・・。

着替えに不自由するのは、かわいそうです。

甲子園の応援を強制されている高校の方のようですね。

確かに、学校から文句言われてまで行きたくないですよね!

これは高校生が不満を漏らして当然です。

高校側が無理強いしていますよね。

こういうやり方は、「高校野球=嫌い」につながってしまう恐れがあると思っています。

都合があると困ってしまいますよね!

バイト以外にも、海に出かけたい、ショッピングしたい、塾に行かなくちゃいけないなど、様々な理由が思い浮かびます。

以上のように、高校生の心理を確認してきましたが、不満を漏らす高校生が結構多いことが分かりました。

今の時代、甲子園の応援の強制はまずいのではないでしょうか?

かくいう私も、高校時代に甲子園の応援に行ったことがあります。

甲子園の応援に行く前は応援の練習で休みが数日潰れ、また、甲子園現地の応援のために、また数日休みが潰れていたので、「なんで野球だけ特別なの?」と思っていた時期がありました。

また、周りもそのように思っている友人が多かったと記憶しています。

ただ、現地では、野球部のがんばっている姿を見て、自然と応援に熱が入っていましたね。

がんばってプレーする野球部の姿に感動したことを覚えています。

今振り返ってみれば、誰でも経験できるものではないので、甲子園の応援に行ったことは、私の貴重な思い出になっています。

高校生のときはそのように思っていませんでしたが、月日が経つと見方が変わることに大変驚きました。

このような心境の変化は、痛みを忘れるという感覚に近いのかもしれません。

甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす?高校生の心理をご紹介!のまとめ

野球場のダッグアウト

甲子園の応援に行きたくない高校生が本当にいるのかを確かめるとともに、本当にいるとすれば、どこに不満を感じているのか、その心理を確認してきました。

甲子園の応援に行きたくないと不満を漏らす高校生がいることは、本当でしたね。

高校生の悲痛な叫びを聞くと、私は「応援する側の意見に耳を傾けてください!」と感じずにはいられません。

甲子園の応援は本当に応援したい生徒だけが行く、そんな文化になってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました