フィギュアスケートのqマークとは何?意味やポイントをご紹介!

フィギュアスケートのqマークとは何 スポーツ

「フィギュアスケートのqマークって何?」と思った方へ!

この記事では、フィギュアスケートのqマークについて、分かりやすく解説しています。

フィギュアスケートのqマークを理解することで、フィギュアスケートをもっと楽しむことができますよ。

フィギュアスケートのqマークとは何?意味やポイントをご紹介!

フィギュアスケート選手が回転しながらジャンプしている

それでは、フィギュアスケートのqマークとは何なのか、意味やポイントをお伝えしていきます。

フィギュアスケートのqマークとは何?

qマークとは、ジャンプの回転数に関する指標で、1/4回転不足しているときに付けられるマークをいいます。

qマークのqは、quarterの略ですね。

ジャンプの技術点は、「基礎点+GOE(出来栄え点)」の合計で計算され、qマークは、GOEの減点要素になります。

基礎点、GOEについても触れますが、不要な方は、以下の枠内の文章を読み飛ばしてください。

基礎点とは、ジャンプ要素・スピン要素・ステップ要素の各要素それぞれの技の基礎となる得点をいいます。例えば3回転と4回転のジャンプでは、4回転の方が難易度が高いため、3回転よりも高い得点が与えられます。また、同じ4回転でも1番難易度が高い4アクセルが最も高い基礎点になっています。

GOEとは、ジャンプ要素・スピン要素・ステップ要素の各要素の出来栄えを点数化した指標です。ジャンプの回転不足やジャンプで転倒した場合、また、両足で着氷した場合などには、さらに出来栄え点の調整が行われます。

qマークが付くとGOEが減点となるため、結果的に、ジャンプの技術点が減点されると覚えておくとよいでしょう。

フィギュアスケートのqマークのポイントをご紹介!

qマークが付いたジャンプとはどんなものなのか、動画でポイントをお伝えします。

ポイントとは言ってみたものの、正直、私たち素人には、分かりにくいと思います。

ちなみにこのqマークのルールは、2020-2021のシーズンから採用されました。

よって、最近フィギュアスケートから遠ざかっている人には、qマークに聞き覚えがないと思います。

フィギュアスケートは採点競技。

採点競技の宿命ですが、qマークの付く付かないは、採点者の主観になります。

北京オリンピックでも、河辺愛菜選手のショートプログラムなど、qマークの判定が出ていますね。

演技中、解説者がqマークについて言及することはあっても、深く解説してくれることは、おそらくないでしょう。

qマークについて確認したくなったときは、この記事を振り返ってくださいね!

フィギュアスケートのqマークとは何?意味やポイントをご紹介!のまとめ

足を上げて回転しているフィギュアスケート選手

フィギュアスケートのqマークについて、ご紹介しました。

フィギュアスケートの点数の付け方は複雑・難解ですが、「qマークについて分かった!」と思っていただけたなら幸いです。

今後もqマークが付く採点が出てくるでしょう。

もし、周りから「qマークって何だろう?」と聞かれた場合には、この記事で得たことをお伝えしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました