フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる?真相を調査!

フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる スポーツ

フィギュアスケート選手は、性別に関係なく、脇毛や胸毛がなくて、つるつるですよね!

ふと、なぜだろうと思って、調べてみました。

調べる過程で、フィギュアスケートでは、脇毛や胸毛が見えると減点になるという情報を得ましたので、その情報は正しいのか、真相をご紹介したいと思います。

フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる?真相を調査!

ささやき声で話している2人の女性

「フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる」は、本当なのでしょうか?

早速、答えを見ていきましょう。

フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる?

結論をいうと、「フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる」は本当です。

フィギュアスケートのルールにきちんと明記されています。

なお、フィギュアスケートの減点対象は、以下のとおりです。

・転倒
・演技中断
・時間超過
・衣装違反 など
減点項目のそれぞれの説明は省きますが、脇毛や胸毛を見せることは、上記の衣装違反に当たり、減点「-1」とされます。
厳密には、脇毛や胸毛をがっつり見せてしまった場合に減点となります。
透ける程度ならOKのようですね。
そして、さらに見ていくと、その減点ルールは、男性特有のルールであることが分かります。
確かに男性の方が体毛が多いですし、女性は体毛を処理することが多いですからね。
ただ、私が気になったのは、今後、フィギュアスケートで有名なトランスジェンダーの選手が出てきた場合にどうするのかということです。
そのような場合に、男性・女性のルールの区別はどうするのでしょうか?
トランスジェンダーの選手が、脇毛や胸毛を見せてしまった場合、男性だからダメ、女性だからOKという判断が難しくなると思うのです。
よって、このルールは、男性・女性で分けないで、共通ルールの方が分かりやすいと私は考えています。

フィギュアスケート選手で脇毛や胸毛を露出した事例は?

脇毛や胸毛がつるつるなフィギュアスケート選手ですが、探せば、脇毛や胸毛を露出した事例が出てきます。

そこで、次は、フィギュアスケート選手で脇毛や胸毛を露出した事例を見ていきたいと思います。

まずご紹介するのは、フィギュアスケートのアイスダンスで北京オリンピックのカナダ代表であるポール・ポワリエ選手です。

動画の12秒ぐらいからご覧ください。

彼の胸毛は冬の風物詩となっており、楽しみにしているファンが大勢います。

胸毛フェチには、たまらないようです。

ちなみに、ポール・ポワリエ選手が胸毛を露出して減点されたと聞いたことがないので、ルール違反の線引きがどこにあるのか謎が深まりますね。

また、北京オリンピックのフィギュアスケート男子に出場した選手も、胸毛が話題になっていました。

それは、フランス代表のケビン・エイモズ選手です。

陽気そうな人ですね!

ちょっと分かりにくいですが、疑惑の画像はこちらです。

ちなみに、胸毛を露出したことで減点にはなりませんでした。

ケビン・エイモズ選手の胸毛にお咎めなしの採点に、憤る人もいました。

いや、原則はダメですよ!

そして、過去には、現役を引退した宮原知子さんの脇毛疑惑が持ち上がったこともありました。

この疑惑が持ち上がった際、多くの男性ファンが興奮し、歓喜の声を上げましたが、様々な検証の結果、脇毛ではなく影だったということで決着しています。

そもそも、宮原知子さんは女性なので、減点にはならないですね。

これに対し、ポール・ポワリエ選手やケビン・エイモズ選手の胸毛はテレビ越しからハッキリ分かるぐらいだったので、波紋を呼びました。

フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる?真相を調査!のまとめ

女性は何かを目撃した

「フィギュアスケートで脇毛や胸毛が見えると減点になる」について、確認してきました。

その噂は真実でしたね!

また、脇毛や胸毛が見えると話題になった選手を取り上げましたが、採点では減点なしと素人には分からない基準になっています。

脇毛や胸毛が見えると減点になるというルールは、珍ルールといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました