高校野球の坊主がダサいから嫌!丸刈りがおかしいという声をご紹介

高校球児の坊主頭がダサい スポーツ

高校野球を観ていると、いまだに坊主にしている選手が圧倒的に多いですよね!

特に強豪校はその傾向が強いと思います。

年配の方を中心に「高校球児たるもの坊主で当たり前」という考えが根強い一方、若い人や高校生の子供を持つ親の間で、「高校野球の坊主がダサいから嫌!」「丸刈りがおかしい」と感じている人が多いようです。

そこで、今回は「高校野球の坊主がダサいから嫌!」「丸刈りがおかしい」という声にスポットを当てて、その声をご紹介していきたいと思います。

高校野球の坊主がダサいから嫌!丸刈りがおかしいという声をご紹介

バリカンで坊主頭にする

なぜ、若い人や高校生の子供を持つ親の間で、「高校野球の坊主がダサいから嫌!」「丸刈りがおかしい」と感じている人が多いのでしょうか?

その背景を見ていきましょう。

高校野球の坊主の現状

若い人や高校生の子供を持つ親の声をチェックする前に、簡単に高校野球の坊主の現状をお伝えしたいと思います。

少し前になりますが、高校球児の坊主の割合を確認した調査があります。

ハフポスト日本版の記事(2019年8月7日)によれば、高校球児の坊主の割合は、全体の87%になるそうです。

この調査から数年経過しているので、数字は変わっていると思いますが、大きな変動は考えにくいでしょう。

今でも高校の野球部では、坊主が主流なのです。

この調査研究を行った名古屋大学大学院の内田良准教授によれば、高校からの回答は、選手が自主的に坊主にしているという説明だったといいます。

そして、選手が自主的に坊主にしているのは、伝統や慣習だからという理由を挙げています。

これに対して、内田良准教授は、伝統や慣習を隠れ蓑にして、半ば強制的に坊主を強いているのが現状だろうと結論づけているのです。

なお、現役メジャーリーガーの大谷翔平選手の母校、花巻東高校は坊主ではありません。

甲子園の常連校なのに、選手が坊主ではない珍しいケースです。

このほか、甲子園に出場した高校で坊主ではないところは、旭川大高校、秋田中央高校などがあります。

高校野球の坊主がダサいから嫌!丸刈りがおかしいという声

高校球児の8割以上が坊主という現状に対して、若い人や高校生の子供を持つ親を中心に「高校野球の坊主がダサいから嫌!」「丸刈りがおかしい」という声が出ているといいます。

この意見は一理あると思います。

スポーツの多様化に伴い、坊主だから野球を敬遠する子供が増えたと感じます。

確かにそうですね。

高校野球の監督は坊主じゃないんですよね。

メジャーリーガーやプロ野球選手は、坊主にしている人が少ないですよね。

メジャーリーガーやプロ野球選手にあこがれて野球を始める人が多いと思うので、イメージって大事だと思います。

重い発言ですね。

個性がないというか、一律全員坊主という風潮がダサいと思わせる原因になっているかもしれませんね。

野球をするのに丸刈りは必要ないと思います。

高校球児も坊主はダサいと思っているみたいです。

ダルビッシュ選手も坊主に苦言を呈しているのですから、重く受け止めるべきなのかもしれません。

高校野球の坊主がダサいから嫌!丸刈りがおかしいという声をご紹介のまとめ

野球のボール

「高校野球の坊主がダサいから嫌!」「丸刈りがおかしい」という声をご紹介してきました。

野球人気が低迷しているといわれて久しいですが、高校野球の坊主がイメージダウンにつながっているとしたら、それは大変なことです。

野球人気の低迷や競技人口の減少に歯止めをかけるには、柔軟な改革が急務なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました