タケモトピアノのCMは気持ち悪いという人の心理!視聴者の声を紹介

タケモトピアノのCMは気持ち悪いという人の心理 CM

「電話してちょ~だい」と、財津一郎さんがタキシードを着て歌い、全身タイツの女性たちと踊るCMといえば、みなさんご存じタケモトピアノのCMです。

メロディや歌詞が耳について離れない方という方も多いはずですが、その一方、気持ち悪いという意見もあるようです。

ネットで調べると確かに気持ち悪いという書き込みをちらほら見かけます。

タケモトピアノのCMを見て不快感を覚えてしまう方たちは、どういうところを見て拒否反応を示しているのでしょうか?

タケモトピアノのCMは気持ち悪いという人の心理!視聴者の声を紹介

不機嫌そうな女性

CMで使われている歌詞、あるいはメロディ、財津一郎さんや女性ダンサーさんたちの動きや振り付けなど、CMを構成する何かが不愉快なものとして映っているのでしょう。

気持ち悪いと思ってしまう人たちがCMのどこに反応しているのかを調査してみようと思います。

タケモトピアノのCMを紹介!

まずは実際に、タケモトピアノのCMからチェックしていきましょう。

タケモトピアノのCMですが、2パターンあるようです。

まずはこちら。

アップテンポな曲調のバージョンです。

次はこちら。

スローテンポバージョンです。

ちなみに、この音楽もさることながら、タケモトピアノのCMでダンサーの胸はなぜ尖っているの?と映像面でも視聴者の関心を引く内容となっています。

公式サイトを覗いてみるとCMの歌詞にもなっている「ピアノ売ってちょ~だい!!電話してちょ~だい!!」が上部に大きめに表示され、かなりCMを意識して作られています。

また、これまで提供としてCMが流れた番組が多く紹介されており、今なお提供している番組として人気ドラマの「相棒」や「Doctor-X」などをあげ、2000年から現在まで現役の広告であることがわかります。

さらに、過去にテレビや雑誌、ラジオの取材を受けた実績も公開され、その半数以上はCMに関するものでした。

「探偵ナイトスクープ」でCMソングを聞かせると赤ん坊が泣き止むという現象を放映したことが発端になって取材が殺到したようです。

実際に、赤ん坊が泣き止むのか試している動画もたくさんあがっています。

万人ではないようですが、本当に効果はあるようですね。

ちなみに、このCMソングは日本コロンビアからCDが発売されており、赤ん坊をあやすことを目的として商品化されたようです。

賛否の意見でもたくさん話題に上がっていますが、それ以外の角度から見てもかなり話題性のあるCMであることがわかりました。

タケモトピアノのCDが気になる方は、以下にリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください!

タケモトピアノのCMが気持ち悪いという人の心理は?

これだけ認知度も話題性も高いCMなので、ネットでもさまざまな感想があります。

CMの内容が気持ち悪いというより、画面の切り替わり方を不快に思われているようですね。

全身タイツの女性が苦手という方もいますね。

あのタイツは音符をイメージしているようですが、伝わりづらいデザインかもしれません。

鍵盤と違う音が出るというのは、気になる人には気持ち悪いと感じるのでしょうね。

もしかしたら「怪獣総進撃」の「キラアク星人」のことでしょうか?

全身銀色のタイツに短めのポンチョを羽織っているようなデザインなので、似ているような気もします。

音符を表現したかったようですが、どうしても伝わらないですね。

気持ち悪いと言いつつ、くせになる方はいるようです。

やはり長く放映されるだけのことはある、すごいCMだという意見もありました。

タケモトピアノのCMは気持ち悪いという人の心理!視聴者の声を紹介のまとめ

ピアノのキーボード

タケモトピアノのCMが気持ち悪いという方の多くはダンサーさんたちの衣装や動きが嫌だというものでした。

歌詞やメロディはわかりやすいのですが、衣装やダンスの振りつけは制作側の意図が伝わっていないようです。

ですが、CDが発売されたり、2000年から現在まで撮り直しせず、今も多くの提供番組で流されたりと、広告として長く親しまれてきました。

好悪の感情は別にして、CMの宣伝効果は抜群だったといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました