金田一37歳の事件簿の高遠遙一の現在は?今後の展開と最後を考察!

金田一37歳の事件簿の高遠遙一の現在は?今後の展開と最後 を考察! 漫画

『金田一37歳の事件簿』は社会人となった金田一一が再び殺人事件の謎を解く『金田一少年の事件簿』の続編。

高遠遙一は金田一一の宿敵で、犯人総選挙でも1位に輝いた人気のあるキャラクターです!

冷酷な犯罪者としての顔を見せる一方で、子供たちに公園でマジックを披露するなど、常に飄々としている様子が魅力的です。

今回は『金田一37歳の事件簿』における高遠遙一の現在や、今後の展開や最後について考察したいと思います。

金田一37歳の事件簿の高遠遙一の現在は?今後の展開と最後を考察!

カードトリックをしているベストの人

『金田一少年の事件簿』で高遠遙一は脱獄したあとも数々の殺人教唆や、遺産相続を巡る暗号解読ゲームの協力者として参加するなど度々登場していました。

20年後の『金田一37歳の事件簿』でも殺人コーディネーターとして暗躍しているのでしょうか?

金田一37歳の事件簿の高遠遙一の現在は?

『金田一37歳の事件簿』で高遠遙一は2巻の14話に登場します。

高遠遙一は、特別重要犯拘置区間の厳重な監視の中で死刑判決を待つ囚人として日々を過ごしていました。

白髪になってはいるものの、容姿の衰えは感じさせず、牢獄の中で差し入れの本を優雅に読むなど落ち着いた様子です。

明智警視に逮捕される前に、高遠遙一はオリンポス十二神という11人の弟子たちを集めて彼らに犯罪の知恵を授け、資金の援助をしてきたことが明らかになりました。

弟子の1人による告発に失望した高遠遙一は、監獄の中から指令を出して裏切り者を毒殺させます。

自分の手を汚さずに人を操っている姿は、高遠遙一の異名である「地獄の傀儡師」がまだ健在であることを示していました。

高遠遙一の今後の展開と最後を考察!

金田一一と高遠遙一が20年の時を経て再会したことで、2人の因縁の対決が始まるのではないかと期待する読者も多いのではないでしょうか?

そこで『金田一37歳の事件簿』での高遠遙一の今後の展開と最後について考察していきたいと思います!

脱獄する

現在収監されている高遠遙一ですが、天才マジシャンの顔を持つ彼が大人しく捕まっているだけとは考えられません

金田一一が普通の社会人となってしまい、生きる目的を失っていたのかもしれませんね。

金田一一が謎を解き始めたことによって動き始めるのでしょうか?

自身のルーツを探す

高遠遙一の母親は『金田一少年の事件簿』で登場していますが、父親に関しては謎に包まれています。

彼は数多くの建築物を所有し、その中には犯罪芸術に関心があったのではないかと思われる仕掛けも残しています。

高遠遙一は『金田一少年の事件簿R』でも、自身のルーツである父親を探す旅をしていたようなので、今後回想として出てくる可能性が高いです!

これからルーツを探す展開もありえますね。

血縁者や妻、もしくは子供の登場

オリンポス十二神での高遠遙一は、全知全能の神「ゼウス」という立ち位置です。

そのため10人の中には「ゼウス」の妻である「ヘラ」に位置する女性がいてもおかしくありません。

高遠遙一は監獄にいてもファンクラブができるほどなので、女性は放っておかないでしょう。

なお、『金田一37歳の事件簿』のヘラの正体は金田一一と深い仲の人物が濃厚という説が飛び交っており、読者の間で盛り上がりを見せています。

ジゼルは月読ジゼルという高遠遙一の異母妹です。

ゴスロリ衣裳に身を包んだ彼女は人気があるため、再登場しそうですね。

金田一一の隣に住む森下桃香と走野が高遠遙一の妻子ではないかという説もあります。

病気や身体的に不自由がある

『金田一37歳の事件簿』での高遠遙一は現在43歳です。

いつから刑務所にいるのかは明らかにされていませんが、長い監獄での生活のために病にかかっているのでは?という説もあるようです。

そうなると脱獄したくてもできないですね。

過去の事件で傷を負って容易に動けないなどの身体的理由もあるのかもしれません。

直接対決の決着がつく

お互いを宿敵と認める2人。

金田一一が大人になった今、生死をかけた対決もありえますね。

高遠遙一が金田一一と決着をつけるために、周囲に弟子たちを配置していたと思うと怖いですね!

収監されている姿よりは、各地を飛び回っている方が高遠遙一らしいです。

高遠遙一は数々の犯罪に手を染めた殺人犯ですが、もし本当に妻や子供がいるのなら、最後は血縁者に死を看取ってもらう最期が見たいです。

金田一37歳の事件簿の高遠遙一の現在は?今後の展開と最後を考察!のまとめ

窓のある廊下

まとめると、高遠遙一の今後の展開として、以下の可能性があります。

  • オリンポス十二神の助けを受けて脱獄する
  • まだ明らかになっていない自身のルーツを探す、もしくは過去に探した時の回想をする
  • 血縁者や妻、もしくは子供が登場、一緒に芸術犯罪を計画する
  • 病気や身体的に不自由があるため、監獄から金田一一への刺客を差し向ける
  • 金田一一と直接対決で決着をつける

『金田一37歳の事件簿』でもキーパーソンである高遠遙一には目が離せませんね!

なお、『金田一37歳の事件簿』の高遠遙一は、2巻で初登場を果たします。

以下にリンクを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました