ヴィンセント・ジョウの世界選手権2022のショート曲!何を狙う?

ヴィンセント・ジョウの世界選手権2022のショート曲は何 スポーツ

北京オリンピックのシングルでは棄権になってしまったヴィンセント・ジョウ選手。

ヴィンセント・ジョウ選手は、世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)で北京オリンピックの雪辱を果たし、無事銅メダルを獲得しました。

この記事では、そんなヴィンセント・ジョウ選手に焦点を当て、彼の世界選手権2022のショート曲をご紹介します。

なお、ヴィンセント・ジョウ選手のショート曲は、何かを狙っているという噂も飛び交っていますので、その真相も明らかにしたいと思います。

ヴィンセント・ジョウの世界選手権2022のショート曲!何を狙う?

ゴッホの星月夜早速、ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲を見ていきましょう。

また、そのショート曲は、何かを狙っているといわれていますので、その背景についても確認したいと思います。

ヴィンセント・ジョウの世界選手権2022のショート曲は何?

ヴィンセント・ジョウ選手は、世界選手権2022のショート曲に「ヴィンセント」(星降る夜)を選曲しています。

ヴィンセント・ジョウ選手のヴィンセントは英語で「Vincent」、ショート曲も「Vincent」。

偶然の一致でしょうか?

なお、「ヴィンセント」は、アメリカのシンガーソングライターであるドン・マクリーンさんによって作られました。

「ヴィンセント」は、画家のゴッホに捧げる鎮魂歌といわれています。

ちなみに、ショート曲の「ヴィンセント」は、ジョシュ・グローバンさんが歌っているバージョンです。

そして、こちらは、スケートアメリカ2021のショートプログラムで「ヴィンセント」を披露したときの映像。

ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のフリー曲とは雰囲気が180度違いますね!

ヴィンセント・ジョウ選手は、スケートアメリカ2021と同じ「ヴィンセント」で世界選手権2022に臨み、見事銅メダルを獲得しました。

世界選手権2022のショート曲は何を狙う?

ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲「ヴィンセント」が、彼の名前と同じであることは偶然の一致なのでしょうか?

彼の名前と曲の名前が一緒なのですから、無理はありません。

このように、ファンや視聴者の間では、狙って曲を選んだのでないかと憶測が飛び交っています。

確かに、曲を選ぶのは、 ヴィンセント・ジョウ選手自身やコーチですし、たまたま「ヴィンセント」を選曲したとは思えません。

フィギュアスケート選手にとって、曲選びは成績にかかわる重要な要素です。

「ヴィンセント」の選曲には、強い思いが込められているような気がしてならないのです。

結論は、ヴィンセント・ジョウ選手は狙って「ヴィンセント」を選曲しています。

彼は、「ヴィンセント」に特別な思いを寄せているといいます。

彼の名前と同じ曲ですから、当然です。

彼の強い思いが「ヴィンセント」を引き寄せたのではないでしょうか?

なお、ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲「ヴィンセント」は、以下から購入することができます。

冒頭でお伝えしたとおり、ヴィンセント・ジョウ選手は、北京オリンピックのシングルで棄権になってしまいました。

その雪辱を果たすべく、世界選手権2022に向けて闘志を燃やしていましたので、ファンや視聴者は彼の結果を大変注目していました。

無事、結果を残すことができてよかったですね!

この「ヴィンセント」は、そんな彼の演技を引き立ててくれていると思います。

また、他の選手のショート曲もチェックしておくと、ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022にかける思いが分かって、より楽しめると思いますよ!

ヴィンセント・ジョウの世界選手権2022のショート曲!何を狙う?のまとめ

双子の女性ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲をご紹介しました。

ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲は、名前と同じ「ヴィンセント」でしたね。

ヴィンセント・ジョウ選手は、名前と同じ「ヴィンセント」に特別な感情を抱いています。

彼の強い思いが込められた「ヴィンセント」をぜひ聴いてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました