フィギュア選手の世界選手権2022のショート曲!注目選手のまとめ

フィギュアスケート選手の世界選手権2022のショート曲 スポーツ

「フィギュアスケート選手の世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)のショート曲を一気に知りたい!」という方へ!

そんな要望にお応えする記事を作りました。

この記事では、世界選手権2022の注目選手のショート曲をご紹介しています。

また、世界選手権2022の注目選手のフリー曲もあわせて確認しておくと、もっと世界選手権2022を楽しく振り返ることができますよ!

日本フィギュアスケート選手の世界選手権2022のショート曲は?

1人の女性フィギュアスケート選手のパフォーマンスの終了

まずは、世界選手権2022に出場した、または出場予定だった日本の注目選手のショート曲からご紹介します。

鍵山優真


オリンピック初出場ながら北京オリンピックで銀メダルを獲得した鍵山優真選手。

鍵山優真選手は、世界選手権2022でも銀メダルに輝いています。

鍵山優真選手は世界選手権2022のショート曲に「When You’re Smiling」を選曲しています。

鍵山優真選手を見たことがある人はお分かりになると思いますが、彼の特徴といえば満面の笑顔。

北京オリンピックでは、お父さんの正和さんと一緒に笑っている姿が印象的でしたね!

そんな彼のショート曲は、聴いている人に笑顔と元気をくれると評判になっています。

世界選手権2022でも良い成績を収めて、日本に笑顔と元気をもたらしてくれました。

宇野昌磨

前回の平昌オリンピックに続いて北京オリンピックでメダルを獲得した宇野昌磨選手。

宇野昌磨選手は、世界選手権2022で悲願の金メダルを獲得しました。

宇野昌磨選手は世界選手権2022のショート曲に「オーボエ協奏曲」を選曲しています。

この「オーボエ協奏曲」がフィギュアスケートの音楽に使われるのは珍しく、音楽関係者やファンの間では、新時代の到来と歓迎の声が上がっています。

宇野昌磨選手は、本田真凜選手との交際が報じられたり、衣装の下から見える腹筋がバキバキですごいと評判になるなど、話題に事欠かない選手です。

宇野昌磨選手は、世界選手権2022でもファンや視聴者の期待に応える最高の結果を残してくれました。

三浦佳生(欠場)

三浦佳生選手は、世界選手権2022の代表選手に選出されていましたが、肉離れにより欠場となってしまいました。

三浦佳生選手は、技術力の高さでは羽生結弦選手以上の逸材といわれています。

なお、三浦佳生選手は世界選手権2022のショート曲に「四季ー冬」を選曲していました。

この「四季ー冬」は、フィギュアスケート音楽の定番曲だからこそ、その技術力の高さが問われるでしょう。

三浦佳生選手が世界選手権2022でどんな演技を見せてくれるのか、日本中が楽しみにしていただけに今回の結果は本当に残念です。

友野一希

友野一希選手は、三浦佳生選手の代役として、急遽、世界選手権2022の日本代表に選出されました。

友野一希選手は、世界選手権2022で6位となり、今大会のダークホース的な存在になりました。

そんな友野一希選手の世界選手権2022のショート曲は、映画の「ニュー・シネマ・パラダイス」より「愛のテーマ」です。

本人曰く、世界選手権2022のショート曲は、映画のフィルムに刻まれた一つ一つの記憶がテーマであり、また、自身のスケートの物語を表現できればと意気込みを語っています。

友野一希選手の今後の活躍に期待したいですね!

坂本花織

世界選手権2022では見事な演技を披露し、金メダルを獲得した坂本花織選手。

坂本花織選手の演技後の晴れ晴れとした表情が今でも忘れられません。

坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲は、「グラディエーター」の「Now We are Free」です。

その選曲には、彼女の演技スタイルが関係しているといわれています。

世界選手権2022では、自身の演技スタイルをつらぬいて、本人もびっくりの点数を叩き出し、圧勝で幕を閉じました。

樋口新葉

樋口新葉選手の世界選手権2022の成績は11位。

世界選手権2022では、表彰台入りが期待されていましたが、本調子にほど遠い状況でした。

樋口新葉選手の世界選手権2022のショート曲は、「Your Song」です。

「Your Song」は元々エルトン・ジョンさんの楽曲ですが、今のイギリスを代表する女性シンガーソングライターが歌っています。

その歌手が樋口新葉選手の「Your Song」の選曲を歓迎しており、話題になっています。

2022−2023シーズンは、また彼女らしい演技が見れるよう期待しましょう。

河辺愛菜

河辺愛菜選手の世界選手権2022の結果は15位となりました。

河辺愛菜選手は世界選手権2022のショート曲に「四季ー冬」を選曲しています。

「四季ー冬」は、男子の三浦佳生選手と同じ楽曲です。

ただ、三浦佳生選手の「四季ー冬」とは若干異なっていて、河辺愛菜選手の「四季ー冬」は編曲されています。

その編曲された「四季ー冬」が彼女の演技にマッチしていないのではないか?と心配の声が上がっていました。

しかし、彼女は、ショートプログラムでそんな心配な声を跳ね返すぐらい、納得の演技をすることができました。

三浦璃来&木原龍一

「りくりゅう」こと三浦璃来・木原龍一ペア(三浦・木原ペア)は、日本勢初となる銀メダルを獲得しました。

2人は、「仲が良い」「付き合っているみたい」と演技以外でも話題になりましたね。

そんな三浦・木原ペアの世界選手権2022のショート曲は、「ハレルヤ」です。

原曲ではなく、カバーの曲を採用しています。

このショート曲は、涙を誘うと視聴者やファンの間で評判になっています。

世界選手権2022では、どれだけのファンや視聴者を泣かせたのか興味が尽きません。

村元哉中&高橋大輔

「かなだい」こと村元哉中選手と高橋大輔選手(村元・高橋組)の世界選手権2022の結果は16位となりました。

村元・高橋組の世界選手権2022のリズム曲は、「ソーラン節」「琴」です。

「ソーラン節」「琴」の名前のとおり、2人の演技は和の世界を表現しているといわれています。

その和の世界観は、日本のみならず海外からも定評があります。

村元・高橋組は、世界選手権2022でも見事な和の世界を表現し、世界から注目を集めました。

海外フィギュアスケート選手の世界選手権2022のショート曲は?

次に、海外の注目選手に目を転じてみましょう。

ここでは、世界選手権2022のメダリスト、またはメダル候補といわれていた注目選手のショート曲をご紹介します。

ネイサン・チェン(欠場)

北京オリンピックで引退すると思われていたネイサン・チェン選手ですが、世界選手権2022の出場が決定していました。

世界一の演技を再び見ることができ、うれしいと思っていたファンも多いことでしょう。

しかし、ネイサン・チェン選手は、怪我により世界選手権2022を欠場することになってしまいました。

ネイサン・チェン選手は世界選手権2022のショート曲に「ラ・ボエーム」を選曲していました。

なお、「ラ・ボエーム」を聴いた人は、芸人のヒロシさんを想像してしまうといいます。

その噂が本当なのか確かめるために「ラ・ボエーム」を聴く人が増えているそうです。

ヴィンセント・ジョウ

北京オリンピックのシングルでは、無念の棄権となったヴィンセント・ジョウ選手。

ヴィンセント・ジョウ選手は、北京オリンピックの無念を晴らすべく、この世界選手権2022に彼のすべてをぶつけてきましたね。

その結果、ヴィンセント・ジョウ選手は、世界選手権2022で銅メダルを獲得しました。

ヴィンセント・ジョウ選手の世界選手権2022のショート曲は、彼の名前と同じ「ヴィンセント」です。

名前とショート曲の名前が同じことから、狙って選曲しているのではないか?と噂になっています。

劉永(ユ・ヨン)

劉永(ユ・ヨン)選手の世界選手権2022の成績は5位。

今回の世界選手権2022では劉永選手(ユ・ヨン)のメダル獲得が期待されていましたが、あと1歩足りませんでしたね。

劉永選手(ユ・ヨン)は、世界選手権2022のショート曲に「Whirling Winds」を選曲しています。

「Whirling Winds」はイタリアの作曲家ルドヴィコ・エイナウディさんの作品。

日本ではあまり馴染みのない曲かもしれませんが、聴いてみると新しい発見があるかもしれませんよ!

アリサ・リュウ

アリサ・リュウ選手は、世界選手権2022で銅メダルを獲得しました。

そんな彼女が世界選手権2022のショート曲に選んだ曲はバレエの「ドン・キホーテ」より「ジプシーダンス」です。

バレエにとどまらず、フィギュアスケートでも人気のある「ジプシーダンス」に乗せて、世界選手権2022で美しい演技を披露してくれました。

アレクサ・クニエリム&ブランドン・フレイジャー

フィギュアスケートペアのアレクサ・クニエリム選手とブランドン・フレイジャー選手(クニエリム・フレイジャー組)は、北京オリンピックで6位入賞を果たしています。

世界選手権2022では、ロシア勢と中国勢が不在となることから、クニエリム・フレイジャー組が優勝候補の一角になるという前評判どおり、金メダルを獲得しました。

クニエリム・フレイジャー組の世界選手権2022のショート曲は「House of The Rising Sun」です。

「House of The Rising Sun」はアメリカの伝統的なフォーク・ソングで、日本では「朝日のあたる家」という名称で親しまれています。

名曲ですので、聴いたことのない方は、一度聴いてみることをおすすめします!

ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン

アイスダンスのガブリエラ・パパダキス選手とギヨーム・シゼロン選手(パパダキス・シゼロン組)は、北京オリンピックの金メダリストです。

パパダキス・シゼロン組は、世界選手権2022の優勝が有力視されており、その前評判どおりの結果となりました。

パパダキス・シゼロン組の世界選手権2022のリズム曲は、アメリカのソウル歌手でジョン・レジェンドさんの「Made To Love」と「U Move, I Move」の2曲です。

この2曲は、北京オリンピックのリズム曲でもあり、この演技のよい曲で世界選手権2022の優勝を勝ち取りました。

マディソン・ハベル&ザカリー・ドノヒュー

アイスダンスのマディソン・ハベル選手とザカリー・ドノヒュー選手(ハベル・ドノヒュー組)は、世界選手権2022で銀メダルを獲得しています。

ハベル・ドノヒュー組の世界選手権2022のリズム曲は、ジャネット・ジャクソンさんの「Nasty」「Rope Burn」「Rhythm Nation」の3曲です。

どれも名曲ですので、ジャネット・ジャクソンさんの曲をご存じの方はもちろん、知らない方にもおすすめします!

フィギュアスケート選手の世界選手権2022のショート曲!注目選手のまとめ

金のトロフィー

注目選手の世界選手権2022のショート曲をご紹介しました。

どの選手のショート曲も個性があり、魅力的な曲ばかりでしたね。

この魅力的な曲を何度も聴いて、世界選手権2022を味わい尽くしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました