坂本花織の世界選手権2022のショート曲は?演技スタイルが関係!

坂本花織の世界選手権2022のショート曲は何 スポーツ

世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)で見事、金メダルを獲得した坂本花織選手。

この記事では、坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲について解説しています。

坂本花織選手が世界選手権2022のショート曲に何を選んだのかをお伝えするとともに、演技スタイルが関係しているといわれる理由について、ご紹介したいと思います。

坂本花織の世界選手権2022のショート曲は?演技スタイルが関係!

グラディエーターのモザイク

坂本花織選手は、世界選手権2022のショート曲に何を選んだのでしょうか?

また、坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲は、演技スタイルが関係しているといわれる理由はどこにあるのでしょうか?

坂本花織の世界選手権2022のショート曲は何?

坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲は、映画「グラディエーター」の「Now We are Free(ついに自由に)」です。

「グラディエーター」は、2000年に公開された作品で、帝政ローマ時代の剣闘士(グラディエーター)の戦いを描いた物語です。

「グラディエーター」は、公開当時大きな話題になり、アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞するなど、映画関係者から見ても完成度の高い作品になっています。

ご覧のように、坂本花織選手は、世界選手権2022のショートプログラムで1位につけ、悲願の世界一を手にしました。

ちなみに、男子の鍵山優真選手も世界選手権2022のフリー曲で「グラディエーター」を使用しています。

両者には曲の使いどころなど、若干の違いがあるところが興味深いですね。

選手名グラディエーターの曲名備考
坂本花織Now We are Free(ついに自由に)ショート曲
鍵山優真Gladiator Rhapsody(グラディエーター・ラプソディ)
Now We are Free(ついに自由に)
フリー曲

なお、坂本花織選手は世界選手権2022のフリー曲にも定評がありますので、ぜひ一緒に聴いてみることをおすすめします!

世界選手権2022のショート曲は演技スタイルが関係!

坂本花織選手が世界選手権2022のショート曲に「グラディエーター」の「Now We are Free(ついに自由に)」を選んだ背景には、彼女の演技スタイルが関係しているといわれています。

ところで、坂本花織選手の演技スタイルを一言で表すと何だと思いますか?

答えは「ダイナミック」です。

そうです。

坂本花織選手は、ダイナミックな演技が定評です。

坂本花織選手の演技がダイナミックに見える理由は、

  • ジャンプから途切れずに次の演技に移行
  • ジャンプの飛距離は男子並み

だそうです。

納得ですね!

スピード感も彼女の持ち味ですよね!

みなさん、表現が上手ですね!

確かに女性版グラディエーターのようで、かっこよかったです!

なお、ご紹介してきた「グラディエーター」は、以下から購入することができます。

坂本花織選手は、「グラディエーター」を選曲する際に、必ずこの映画を鑑賞しているはずです。

それが、彼女のダイナミックな演技につながっているのではないでしょうか?

坂本花織選手のダイナミックな演技の原点が、この映画には盛り込まれていますので、気になる方は必ずチェックしましょう!

また、他の選手のショート曲と比較すると、より坂本花織選手の曲の特徴をつかめるのではと思います。

坂本花織の世界選手権2022のショート曲は?演技スタイルが関係!のまとめ

古代ローマの兵士

坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲をご紹介してきました。

坂本花織選手の世界選手権2022のショート曲は、「グラディエーター」の「Now We are Free(ついに自由に)」でしたね。

この曲を選曲した理由は、彼女の演技スタイルが大きく関係していることが分かりました。

坂本花織選手といえば、ダイナミックな演技。

坂本花織選手は、世界選手権2022もダイナミックな演技を披露し、ファンや視聴者を喜ばせてくれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました