鍵山優真の世界選手権2022のフリー曲は?あの選手と同じ曲?

鍵山優真の世界選手権2022のフリー曲は何 スポーツ

北京オリンピックに続き、世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)でも銀メダルを獲得した鍵山優真選手。

鍵山優真選手はまだ18歳と若く、これからの活躍が期待される選手です。

そんな鍵山優真選手ですが、世界選手権2022のフリー曲は何を選曲したのでしょうか?

なお、鍵山優真選手の世界選手権2022のフリー曲が「あの選手と同じではないか?」という情報も出ていますので、その真相についても確認していきたいと思います。

鍵山優真の世界選手権2022のフリー曲は何?

グラディエーター

鍵山優真選手の世界選手権2022のフリー曲を調査したところ、「グラディエーター」で使用されている曲であることが分かりました。

その曲名は、

  • Gladiator Rhapsody(グラディエーター・ラプソディ)
  • Now We are Free(ついに自由に)

の2つ。

なお、「グラディエーター」は、帝政ローマ時代を舞台にした映画で、剣闘士(グラディエーター)の戦いを描いた物語です。

北京オリンピックで鍵山優真選手を知った方は意外に思うかもしれませんが、鍵山優真選手はこれまでに何度も挫折を味わってきました。

幾度の困難を乗り越え、見事復活を遂げた鍵山優真選手は、この「グラディエーター」がピッタリの曲だと思います。

鍵山優真選手にとっても、ファンにとっても「グラディエーター」は忘れられない曲になったことでしょう。

鍵山優真選手は、北京オリンピックの銀メダルに続き、世界選手権2022でも銀メダルと飛躍のシーズンになりました。

ちなみに、鍵山優真選手の世界選手権2022のショート曲は、曲の雰囲気がフリー曲と対極にあるといっても過言ではありません。

ぜひ、その違いを確かめてみてください!

世界選手権2022のフリー曲はあの選手と同じ曲?

コロッセオ

鍵山優真選手の世界選手権2022のフリー曲が「グラディエーター」と判明しましたが、次は、「あの選手と同じ?」という情報の真相を確かめていきましょう。

その答えは、あっさりと見つけることができました。

あの選手とは、世界選手権2022で優勝した坂本花織選手だったんですね!

ただ、坂本花織選手の場合は、「グラディエーター」の曲といっても、

  • Now We are Free(ついに自由に)

の1つなので、厳密には鍵山優真選手と異なります。

また、鍵山優真選手の「グラディエーター」は、世界選手権2022のフリー曲ですが、坂本花織選手は世界選手権2022のショート曲として選んでいるところも違う点ですね。

まとめると、以下のとおりになります。

選手名グラディエーターの曲名備考
鍵山優真Gladiator Rhapsody(グラディエーター・ラプソディ)
Now We are Free(ついに自由に)
フリー曲
坂本花織Now We are Free(ついに自由に)ショート曲

「グラディエーター」が話題になった当時、私は本作品を何度も鑑賞しました。

絶望の淵から這い上がってくる主人公の姿に感銘を受けたのを覚えています。

「グラディエーター」をまだ見たことのない方、久しぶりにみたいと思った方は、以下にリンクを貼っておきますので、ご覧ください。

なお、他の選手のフリー曲でも武人を扱った作品がありますので、よかったら比べてみてください。

鍵山優真の世界選手権2022のフリー曲は?あの選手と同じ曲?のまとめ

フィギュアスケートシューズ

いかがでしたか?

鍵山優真選手の世界選手権2022のフリー曲は、「グラディエーター」でしたね。

そして、あの選手とは、坂本花織選手のことでした。

2人とも同じグラディエーターを選曲していますが、ちょっとした違いがあって、興味深いです。

鍵山優真選手には、「グラディエーター」のように上り詰めて、来シーズン以降、もっと上の成績を収めてほしいです。

彼ならきっと実現できるでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました