河辺愛菜の世界選手権2022のショート曲は?視聴者から心配の声!

河辺愛菜の世界選手権2022のショート曲は何 スポーツ

この記事では、河辺愛菜選手の世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)のショート曲をご紹介します。

河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲は、世界的に有名な曲ですが、視聴者から心配の声が出ていると噂になっていました。

なぜ、視聴者から心配の声が出ていたのか、その理由を探ってみたいと思います。

河辺愛菜の世界選手権2022のショート曲は?視聴者から心配の声!

しかめっ面の女性

河辺愛菜選手は、世界選手権2022のショート曲に何を選曲したのでしょうか?

また、河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲は、視聴者から心配の声が出ていましたが、何が原因でそう感じさせていたのでしょうか?

河辺愛菜の世界選手権2022のショート曲は何?

河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲は、ヴィヴァルディ作曲の「四季ー冬」です。

ただ、通常の「四季ー冬」とは違っていて、マックス・リヒター氏が編曲したバージョンを選曲しています。

まずは、マックス・リヒター氏が編曲した「四季ー冬」をお聴きください。

なお、ヴィヴァルディは、バロック音楽後期の有名な作曲家で、この「四季ー冬」は、小・中学校の音楽の授業で取り上げられるなど、日本国民に広く知れ渡っています。

みなさんも、ヴィヴァルディの「四季ー冬」を小・中学校の授業で聴いたことがあるのではないでしょうか?

河辺愛菜選手は、王道のクラシック音楽を軸にショート曲を探しつつも、編曲されたオリジナリティのある「四季ー冬」を選択しています。

こちらは、世界選手権2022のショートプログラムの様子です。

河辺愛菜選手は、世界選手権2022のショートプログラムで12位につけ、最終順位は15位という結果になりました。

なお、欠場になってしまいましたが、三浦佳生選手は世界選手権2022のショート曲に、原曲のヴィヴァルディ「四季ー冬」を選曲していました。

今回、異なった「四季ー冬」を聴き比べできたので、個人的には楽しみなプログラムになったなと思っています。

ちなみに、河辺愛菜選手の世界選手権2022のフリー曲は、日本の作曲家の曲を採用しています。

こちらも注目されているので、ぜひ一緒に聴いてみてください!

世界選手権2022のショート曲に視聴者から心配の声!

河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲は、マックス・リヒター氏編曲の「四季ー冬」ですが、視聴者からは心配の声が出ていました。

実際にその声を確かめて、理由を探ってみましょう。

なるほど!

曲と演技が合っていないように映るのですね!

ステップが取りにくいリズムは、深刻な問題だと思います。

こちらの方も踊りにくそうな曲と評しています。

フィギュアスケートの演技と曲は、一体じゃないといけないと思います。

テレビ越しの視聴者が違和感を感じるぐらいなのですから、河辺愛菜選手の演技に曲が合っていないのでは?と疑ってしまいますよね。

私も本当にこの曲で大丈夫なの?と心配になっていたのは事実です。

このように、視聴者からは心配の声が多いですが、河辺愛菜選手の一種の挑戦だったのかもしれませんね!

実際、心配の声をよそに、河辺愛菜選手は世界選手権2022のショートプログラムを「すごく納得のいく演技ができた」と振り返っています。

なお、ご紹介してきたマックス・リヒター氏編曲の「四季ー冬」とヴィヴァルディの原曲の「四季ー冬」は、以下から購入することが可能です。

ぜひ、2つを聴き比べて、違いを確かめてみてください!


また、他の選手のショート曲との違いを楽しむのも、フィギュアスケートの醍醐味の一つだと思います。

河辺愛菜の世界選手権2022のショート曲は?視聴者から心配の声!のまとめ

しかめっ面のビジネスマン

河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲をご紹介しました。

河辺愛菜選手の世界選手権2022のショート曲は、マックス・リヒター氏編曲の「四季ー冬」でしたね。

視聴者からは、曲と演技がマッチしていないと心配の声が出ていましたが、その心配は杞憂に終わりました。

河辺愛菜選手は、納得のいく演技ができて、ホッとした表情をしていましたね。

なお、フリープログラムでは悔しい結果に終わってしまいましたが、今回の大舞台の経験が今後の活躍につながると信じています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました