樋口新葉の世界選手権2022のフリー曲は?選曲理由は名前が関係?

樋口新葉の世界選手権2022のフリー曲は何 スポーツ

樋口新葉選手の世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)の成績は11位でした。

そんな彼女が、世界選手権2022の舞台に選んだフリー曲は何だったのでしょうか?

また、彼女の世界選手権2022のフリー曲については、その選曲理由に名前が関係しているという説が浮上しています。

その真相を確かめていきたいと思います。

樋口新葉の世界選手権2022のフリー曲は何?

正面を見るライオン

まず、樋口新葉選手の世界選手権2022のフリー曲は何なのかを見ていきたいと思います。

調べたところ、樋口新葉選手の世界選手権2022のフリー曲は、「ライオンキング」と判明しました。

「ライオンキング」はディズニーアニメーション映画の傑作で、アニメーション以外には、劇団四季などのミュージカルが有名ですね。

そして、こちらが樋口新葉選手の世界選手権2022のフリープログラムの映像。

彼女の「ライオンキング」は本当に美しいです。

樋口新葉選手は、北京オリンピックで5位とすばらしい成績を収めていたので、世界選手権2022も期待していたのですが、本調子ではなかったようですね。

ただ、大舞台で勝負できたことは、本当にすばらしいと思います。

今回の経験が今後につながると信じています。

ちなみに、樋口新葉選手の世界選手権2022のフリー曲は、他の選手のフリー曲とは違っていて、これがまたいいと評判になっています。

世界選手権2022のフリー曲を選曲した理由には名前が関係している?

見上げるライオン

ご紹介したように、樋口新葉選手の世界選手権2022のフリー曲は「ライオンキング」ですが、その選曲理由には、名前が関係しているのではないかという説がファンや視聴者の間でささやかれています。

次は、名前が関係している説について、真相を確かめていきたいと思います。

樋口新葉の名前が関係している説とは?

樋口新葉選手の下の名前は「ワカバ」と読みますが、音読みにすると「シンバ」と読めますよね?

シンバは、「ライオンキング」の主人公です。

つまり、樋口新葉選手は、「ライオンキング」のシンバとご自身を重ねて、「ライオンキング」を選曲したと言われているんですね。

やっぱり、名前が同じだからと思ってしまいますよね!


北京オリンピックのフリープログラムでも、「ライオンキング」のシンバのような迫力のある演技を見せてくれました!

ご紹介した以外にも「新葉とシンバで名前が同じ」とツイートしている方がたくさんいました。

樋口新葉選手の名前が関係している説が出てくるのは、必然なのかもしれません。

樋口新葉の名前が関係している説の真相は?

樋口新葉選手が世界選手権2022のフリー曲に「ライオンキング」を選曲した理由は、本当に下の名前が関係しているのでしょうか?

その真相が明らかになりましたので、ご紹介します。

スポーツ報知の2021年8月26日の記事によれば、樋口新葉選手が「ライオンキング」を選曲した理由は、「自分のスケート人生をすべて伝えられるプログラムにしたいから」と語っています。

あくまで、ご自身のスケート人生の表現のために、「ライオンキング」を選んだと言っています。

「ライオンキング」を見れば分かりますが、主人公のシンバの人生は波乱万丈です。

「ライオンキング」の最後はハッピーエンドで幕を閉じますが、樋口新葉選手のスケート人生も波乱万丈に満ちていたけれども、最後にはハッピーエンドで終わりたいという決意の表れなのだと思います。

ちなみに、「ライオンキング」を見たことがない方、久しぶりに「ライオンキング」を見たいという方は、以下にリンクを貼っておきますので、ご覧ください。

「ライオンキング」は名作ですので、一度は見ておくことをおすすめします!

なお、樋口新葉選手は世界選手権2022のショート曲で、世界的な歌手からその選曲を歓迎されています。

ぜひあわせてチェックしてみることをおすすめします!

樋口新葉の世界選手権2022のフリー曲は?選曲理由は名前が関係?のまとめ

夜のサバンナ

いかがでしたか?

樋口新葉選手の世界選手権2022のフリー曲は何で、選曲理由には名前が関係しているという説の真相を確かめてきました。

音読みの新葉とシンバで確かに名前は同じです。

しかし、本当のところは、樋口新葉選手のスケート人生のすべてを表現するため。

そのために、世界選手権2022のフリー曲に「ライオンキング」を選曲したんです。

世界選手権2022は11位に終わりましたが、ここで終わる選手ではありません。

樋口新葉選手の今後の活躍に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました