村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は?ファンも納得の声!

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は何 スポーツ

この記事では、「かなだい」こと村元哉中選手と高橋大輔選手(村元・高橋組)の世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)のフリー曲をご紹介します。

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は、ファンの間で評判になっており、納得の声を多く聞くことができます。

そこで、村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は何か、また、フリー曲に対するファンの声をお伝えしたいと思います。

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は?ファンも納得の声!

4人の女性バレエダンサー

それでは、村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は何か、また、フリー曲に対するファンの声を見ていきましょう。

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は何?

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は、クラシックバレエから「ラ・バヤデール」(La Bayadere)です。

村元・高橋組は世界選手権2022のリズム曲と、趣が異なるものを選曲したようです。

なお、村元・高橋組は、四大陸フィギュアスケート選手権2022(四大陸選手権2022)で、日本勢初となる2位の快挙を達成しました。

そのときの曲が、この「ラ・バヤデール」です。

村元・高橋組は、この演技の良い曲で、世界選手権2022に出場し、16位と健闘しました。

2人が目標としていた10位には届きませんでしたが、見事な演技だったと思います。

世界選手権2022のフリー曲にファンも納得の声!

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は「ラ・バヤデール」と明らかになりましたが、ファンからは納得の声をたくさん聞くことができます。

Twitterでその声を確かめていきましょう。

そうですね!

曲と2人雰囲気は合っていると思います。

曲と衣装のバランスも大事ですよね!

私もその意見に賛同します。

曲が2人に合っているという声が多いですね。

本家のバレエダンサーでも「ラ・バヤデール」は難しい曲なのですね。

それを完璧にできていることは、四大陸選手権2022の2位は伊達じゃないと思います。

2人の演技は「ラ・バヤデール」の曲にマッチしていて、美しいですからね。

感動して泣いてしまう人がいても不思議ではありません。

「ラ・バヤデール」は本当に素敵な曲ですよね!

このように村元・高橋組が選曲した「ラ・バヤデール」は、ファンも納得の一曲となっています。

なお、ご紹介してきた「ラ・バヤデール」は、以下から購入することが可能です。


ファンも納得の「ラ・バヤデール」をぜひこの機会に堪能してください!

また、他の選手のフリー曲と聴き比べてみるのも楽しいと思います!

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は?ファンも納得の声!のまとめ

1人の女性バレエダンサー

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲をご紹介しました。

村元・高橋組の世界選手権2022のフリー曲は、クラシックバレエから「ラ・バヤデール」でしたね。

リズム曲とは趣向が違って、フリー曲もいい味を出していると思います。

世界選手権2022では、村元・高橋組の演技だけじゃなく、曲も要チェックですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました