宇野昌磨の世界選手権2022のフリー曲は?音源や編曲の評判も調査

宇野昌磨の世界選手権2022のフリー曲は何 スポーツ

宇野昌磨選手は、世界フィギュアスケート選手権2022(世界選手権2022)で悲願の金メダルを獲得しましたね!

そんな宇野昌磨選手ですが、世界選手権2022のフリー曲は何か気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲を調査しましたので、ご紹介します。

また、フリー曲の音源や編曲の評判についても、ご紹介していきたいと思います。

宇野昌磨の世界選手権2022のフリー曲は?音源や編曲の評判も調査

クラシック音楽を演奏している

それでは、宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲は何で、音源や編曲の評判はどうなのかを見ていきましょう。

宇野昌磨の世界選手権2022のフリー曲は何?

宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲を調査したところ、「Boléro IV ~New Breath~」という曲であることが分かりました。

「Boléro IV ~New Breath~」の歌手は、以下のソプラニスタの岡本知高さんですが、宇野昌磨選手は、インストゥルメンタル版(歌の入っていないバージョン)を使用しています。

インストゥルメンタル版はこちら。

宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリープログラムの映像です。

宇野昌磨選手は、「Boléro IV ~New Breath~」に乗せて、悲願の金メダルを獲得しました。

なお、宇野昌磨選手は腹筋がバキバキですごいと有名ですが、この動画だと見えないですね。

ちなみに、この「Boléro IV ~New Breath~」は、故モーリス・ラヴェル氏作曲の「Boléro」(ボレロ)が原曲です。

バレエ曲として作曲されたボレロですが、世界中に愛され、宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲と同様、様々なところで使用されています。

皆さんも一度はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

原曲のボレロと宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲「Boléro IV ~New Breath~」を比べていただくと、結構違うことがお分かりいただけるかと思います。

原曲のボレロは、ロシア代表、カミラ・カリエワ選手の北京オリンピックのフリー曲となっています。

なお、ご紹介してきた音源は、以下で購入することが可能です。

世界選手権2022のフリー曲の音源や編曲の評判は?

ファンの間で、宇野昌磨選手のフリー曲に関する音源や編曲の評判は、本当に様々です。

こちらは、イケイケの楽曲で最高という意見ですね。

一方、ポップな感じが苦手という意見も。

ゲームの音源にしか聞こえないという意見もありますね。

この方は、エヴァンゲリオンのようと表現しています。

今度は宇宙ですか。

神秘的ですね!

私もかっこいいと思います!

本当ですね。

ダイナミックですよね!

以上、宇野昌磨選手のフリー曲の評判を見てきましたが、肯定的な意見が多いようですね。

他の選手のフリー曲もいいですが、私は宇野昌磨選手の「Boléro IV ~New Breath~」がより気に入っています。

なお、宇野昌磨選手は世界選手権2022のショート曲も、彼らしいこだわりを見せ音楽愛好家やファンの間で評判になっています。

こちらもぜひチェックしておきましょう!

宇野昌磨の世界選手権2022のフリー曲は?音源や編曲の評判も調査のまとめ

クラシック音楽のコンサート

いかがでしたか?

宇野昌磨選手の世界選手権2022のフリー曲は、岡本知高さんの「Boléro IV ~New Breath~」でしたね。

原曲のボレロとはひと味もふた味も違って、宇野昌磨選手らしいというか、ファンの間でも評判は上々です。

ぜひ、宇野昌磨選手のフリー曲を何度も聴いて、世界選手権2022優勝の余韻に浸ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました